2010年06月15日

菅内閣 臨時閣議開き本格始動 空席の人事も決定(毎日新聞)

 菅内閣は発足から一夜明けた9日、首相官邸で臨時閣議を開くなど、本格始動した。臨時閣議で閣僚への昇格や社民党の連立政権からの離脱などで空席となった副大臣、政務官の人事を決定。仙谷由人官房長官は閣議後の記者会見で、「口蹄疫(こうていえき)問題は、危機管理上重要な問題と認識し、万全の対策を期す」と話し、同日夜に口蹄疫対策本部を開く考えを示した。

【写真特集】管内閣の顔ぶれ▽国家戦略・消費者担当相 荒井聡

 仙谷氏は記者会見後、首相官邸で平野博文前官房長官との引き継ぎをし、9日昼に首相官邸と内閣府で職員に訓示する。

 一方、原口一博総務相は同日朝のテレビ朝日の番組で、民主党の小沢一郎前幹事長と7日に約30分間会談し、「(菅内閣を)支えて頑張れ」と激励されたことを明らかにした。会談は原口氏が依頼し、鳩山内閣で積み残した課題などについて意見交換したという。非小沢系の多い菅内閣の中で、原口氏は小沢氏に近い。鳩山由紀夫前首相の辞任に伴う党代表選では小沢氏周辺に原口氏を推す動きがあったこともあり、会談は憶測を呼びそうだ。【西田進一郎】

【関連ニュース】
<関連記事>市民運動から厚相、「カイワレ」…お遍路も グラフ菅直人氏の歩み
<関連記事>菅首相会見:その1「政治の役割は最小不幸の社会を作ること」
<続きを読む>菅首相会見:その2「財政の立て直しも、経済を成長させる必須の用件」
<続きを読む>菅首相会見:その3「自信を持って日本の改革を押し進める」

菅内閣船出早々、民主は大丈夫? 河上衆院議員、本会議1日のみ(産経新聞)
なぜ出版社はゴーストライターを使い続けるのか?(Business Media 誠)
労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
妊婦健診、全市区町村で公費負担「望ましい」回数(医療介護CBニュース)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)
posted by フジヤマ アツシ at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。