2010年03月30日

中国毒ギョーザ 天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か(毎日新聞)

 【北京・浦松丈二】中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、中国国営・新華社通信は26日夜、中国警察当局が製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)=同省=を逮捕したと報じた。08年1月の発覚から2年余り。日中両国の国民感情の対立に発展した同事件は解決に向けて大きく動き出した。

【分かりやすく図やチャートで解説】図説:中国製冷凍ギョーザ中毒事件(2008年2月)

 中国政府は27日未明までに、外交ルートを通じ日本政府に「容疑者の男を特定した」と伝えたという。

 調べによると、呂容疑者は給料などの待遇や特定の従業員への不満を募らせ、気を晴らすために製品のギョーザに毒物を混入した疑い。呂容疑者は容疑を認めているという。また、警察当局は混入に使われた注射器を押収し、周囲の証言を得ていたとしている。

 新華社通信は、中国警察当局の特別捜査チームが「発生から時間が経過し、物証が少ないなどの困難を克服し、ねばり強く、入念な捜査を続けて事件を解決した」と捜査を評価した。

 関係者によると、中国警察当局は、何者かが工場内の段ボールの外側から注射器で農薬成分メタミドホスを混入したとの見方を強め、北京の研究所で裏付け実験を進めてきた。

 ◇工場内で混入で中国公安当局が捜査進める

 事件は07年12月〜08年1月、天洋食品製の冷凍ギョーザを食べた千葉県と兵庫県の3家族計10人が嘔吐(おうと)や下痢の症状を訴え、9人が入院、千葉県の5歳の女児が一時重体となった。回収品から有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出された。

 日本側による製品の包装、梱包(こんぽう)、流通過程の調査結果や、天洋食品が中国国内で再配布した回収製品で中毒事件が起きたことなどから、中国国内での混入が濃厚とみられたが、中国政府は当初、「捜査中」とするのみで、両政府の意思疎通の不足が両国民の不信感を招いた。

 一方で中国公安当局は再現実験などから工場の冷凍庫に保管された製品に段ボールの外側から何者かが注射器で殺虫剤を注入させた可能性が高いとみて、工場の複数の従業員を長期間拘束するなど、事実上、工場内での混入に絞り、詰めの捜査を進めていた。

 事件は日本国内で食品の安全に対する不信を招き、日中両政府は食の安全に関する閣僚級定期協議の開催など再発防止策を検討している。

【関連ニュース】
【2年前、こんなに多数の食品が回収された】中国製ギョーザ 自主回収商品(2008年2月)
中国毒ギョーザ:中国政府から容疑者逮捕の連絡…外務省
中国製冷凍ギョーザ中毒事件とは
中国製ギョーザ中毒:発覚2年 日中、覚書交換へ 閣僚級定期協議/製造現場立ち入り
メタミドホス、残留基準の1万倍 千葉・市川の母子嘔吐の餃子

<ニュース1週間>足利事件、菅家さん無罪確定/パラリンピック閉幕 日本メダル11個(毎日新聞)
普天間 「2段階移設」で交渉 シュワブ→ホワイトビーチ 政府方針 (産経新聞)
信号無視の車追跡、パトカーが衝突事故…3人けが(読売新聞)
<名鉄>列車にはねられ82歳男性が死亡…名古屋(毎日新聞)
<選挙違反>佐藤健治被告に有罪 函館地裁判決(毎日新聞)
posted by フジヤマ アツシ at 01:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

恋人たちも富士山も赤い糸で 巨大招き猫が“世界遺産”後押し(産経新聞)

 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)のアトラクション「ナガシマスカ」内に、恋愛成就の御利益があるといわれる高さ10メートルもの「夫婦招きネコ」をご神体に、さい銭箱が置かれている。

 同社が遊び心で設置したのだが、“この恋を実らせて”とお金を入れるカップルが多い。円形ボートで急流を下るアトラクションということで、周囲の池にローマの「トレビの泉」を思ってお金を投げ入れる利用客も多い。

 トレビの泉では、後ろ向きでコインを1枚投げ入れるとローマを再び訪れることができ、2枚だと大好きな相手と永遠に一緒−などの言い伝えがある。このコインはチャリティー団体に寄付されているようだ。

 世界文化遺産候補にあがっている富士山のふもとの同社も、遺産登録を待ち望んでいる。そこで、たまった浄財を「富士山遺産登録山梨県推進募金会」に寄付を思い立った。

 25日に夫婦招きネコの前で、スケートの岡崎朋美さんがプレゼンターとなって「富士山の世界文化遺産登録に役立ててください」と、浄財に従業員の寸志を加え50万円を募金会に寄付した。

 富士山も世界文化遺産と赤い糸で結ばれてほしい。岡崎さんは「富士山がまだ世界文化遺産でないなんて信じられない。一日も早く登録されるようにとの気持ちを込めて渡しました」と話した。

 同県世界遺産推進課は寄付金を学術調査費などの登録経費に充当する計画だという。

【関連記事】
女性の9割「本命以外の告白」もOK
受付嬢が激白…第一印象だけで身も心も許す!?
男性の好みは「すっぴんのようなナチュラル美肌」
婚活がエコにもつながる!? 記者がパーティーに潜入
ネットなしでは生きていけない…データ損失は「失恋並み」?
あれから、15年 地下鉄サリン事件

九州西岸で海面が大きく上下=沖縄は強風、注意を−気象庁(時事通信)
両陛下、京都で日本庭園ご覧に(産経新聞)
首都高が強風で一部通行止め。アクアラインも(読売新聞)
元五輪メダリストらが橋下知事を表敬訪問(産経新聞)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(3)「逮捕しないと事件終わらない」(産経新聞)
posted by フジヤマ アツシ at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

<国家公務員>早期退職勧奨98人(毎日新聞)

 政府は23日、鳩山政権が発足した昨年9月16日から今月12日までに、早期退職勧奨(肩たたき)によって定年前に退職した国家公務員の数が98人だったとする答弁書を閣議決定した。鳩山由紀夫首相は「公務員が天下りせず定年まで勤務できる環境を整備する」との方針を掲げるが、新規採用の定員枠確保のため、早期退職勧奨を継続せざるを得ない実態が浮かんだ。

 答弁書では、本府省の「課長・企画官相当職以上」の職員への退職勧奨状況をまとめた。退職勧奨する場合は天下り先を用意するのが慣例だが、再就職先まで公表されたのは29人だった。勧奨拒否はなかった。

 内訳は、内閣官房3人▽人事院2人▽警察庁6人▽総務省1人▽法務省13人▽外務省1人▽文部科学省2人▽厚生労働省16人▽農林水産省1人▽国土交通省1人▽防衛省36人▽会計検査院1人▽都道府県警の警視正以上の警察官15人。厚労省の16人はいずれも社会保険庁廃止に伴うもの。【野原大輔】

公明、与野党協議は全党参加で=自共「小沢氏招致が前提」(時事通信)
家庭負担、最大月579円=再生エネ買取導入で−経産省(時事通信)
製造番号確認で盗品排除を=ネット出品のカーナビ−警察庁の懇談会が提言(時事通信)
全日本プロレスの西村が国民新党から参院選出馬へ(スポーツ報知)
<野焼き>燃え広がった火でボランティア3人死亡 静岡(毎日新聞)
posted by フジヤマ アツシ at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。